@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

漫談【まんだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

漫談
まんだん
大正末期頃,トーキーの登場によって転職を余儀なくされた無声映画の説明者 (活動弁士,略して活弁) が,それまで前説と称して演じていたものに改良を加えて始めた演芸一種。風俗的な題材を滑稽につないでいく話芸寄席,ラジオ,テレビなどでも迎えられ,漫談家は現在では主としてショーなどの司会者として活動している者が多い。初期の漫談家としては,大辻司郎,徳川夢声,西村楽天らがいた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まん‐だん【漫談】
[名](スル)
くつろいだ気分でする、とりとめもない話。
寄席演芸の一。軽妙な口調で、社会風俗・時事問題の風刺・批評なども取り入れて、聴衆を笑わせる話芸。大正末ごろ、トーキー映画の発達で職を失った活動写真の弁士らが始めた。「歌謡漫談

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まんだん【漫談】
無声映画の時代には,映画の音声をみずから演ずる活動弁士,略して活弁という職業が生まれた。活動弁士の中で,映画の場面を見ながら当意即妙のせりふを投げ込んで笑わせる何人かが,その人気を背景に,映画から独立して,口頭の滑稽話をするようになったのが漫談である。この一人話芸の形式は,弁士出身の徳川夢声によって創始され,名付親は,同じく弁士の大辻司郎(1896‐1952)である。彼の,〈……デアルデス〉と繰り返す語り口が昭和初期の軍国主義一色に染まる前の不安定な大衆心理に迎えられ,寄席に出演するだけでなく,レコードにも吹き込まれ,口まねをする子どもも多かった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

漫談
まんだん

寄席(よせ)演芸の一種。滑稽(こっけい)な語りを主とする一人芸で、筋(すじ)や落ち(サゲ)にこだわらない点が落語と異なる。1926年(大正15)に活動写真の弁士(映画説明者)たちの隠し芸大会「ナヤマシ会」の第1回公演で山野一郎と徳川夢声(むせい)が演じたのが最初で、大辻司郎(おおつじしろう)が漫画からの発想により漫談と名づけたとされている。のちトーキーの出現で失職した彼らは本格的に漫談を演じるようになり、やがて漫談という用語が一般化するにつれ、それ以外にも漫談を専業とする者が増え、寄席や放送の演芸番組の重要な一画を占めるに至った。なかにはウクレレや三味線のような楽器を手に、歌を交えて演ずるものや、さらにその変形として3人から5、6人で掛合(かけあい)をする形式のものもある。「ウクレレ漫談」「歌謡漫談」などと称され、ことに複数で演ずる場合は「ボーイズもの」とよばれることが多い。

[向井爽也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まん‐だん【漫談】
〘名〙
① とりとめもない話。
※怪異考(1927)〈寺田寅彦〉「それは結局何等の価値もない漫談となってしまふであらうが」
② 大衆演芸の一つ。滑稽を主とし世相・人情の風刺を入れておもしろく話す話芸。大正末年のころから無声映画の弁士たちによって始められた。漫話。
※漫談集(1929)はしがき〈大辻司郎〉「漫談(マンダン)は洗練された話術ではなくて感じのスケッチ話、で結果は笑ふ話で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漫談」の用語解説はコトバンクが提供しています。

漫談の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation