@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

潑墨【はつぼく】

世界大百科事典 第2版

はつぼく【潑墨 pō mò】
中国絵画において,を適宜そそぎ散らしてできる形からくる視覚的な連想に従って山や石などを描きだすこと。中江南で活動した画家顧姓,王墨らによって始められた。用筆技巧を極端に重視した唐朝絵画の伝統に対する反逆であり,唐代までの人物画から宋代以降の山水画に中国絵画の中心的ジャンルが移ってゆく節目の役割を果たした。北宋山水画史の主流をなす李成から郭熙への系譜が,山や石を雲のように描くことを特長とするのは,人間の視覚に固有の連想能力を利用する潑墨画のそれを換骨奪胎したものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

潑墨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

潑墨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation