@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

潮境【シオザカイ】

デジタル大辞泉

しお‐ざかい〔しほざかひ〕【潮境】
異なった二つの潮流の境目。海峡や寒流と暖流との交流点で見られる。多くよい漁場になる。→潮目(しおめ)
物事の境目。
「今が浮沈の―」〈二葉亭浮雲

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しおざかい【潮境 boundary of water‐masses】
二つの異なる海流が接する境界をいう。この界線の両側には互いに性質の違った海水が存在するから,水温塩分水色,透明度などの差が大きく,肉眼でも潮境を見つけることができる場合が少なくない。潮境海域は二つの海流系の魚が集まりやすいだけでなく,普通栄養塩に富むので豊富な漁場となる。黒潮親潮の潮境である三陸沖はその好例である。潮境は常に同じ場所にあるわけではなく,両方の海流の強弱関係によってその位置を変える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しおざかい【潮境】
異なる二つの海流が出合う所。しばしば潮目しおめが生じる。 → 潮目
河水と海水の境目。
物事が変化するところ。さかいめ。 今が浮沈の-/浮雲 四迷

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

潮境
しおざかい
frontboundary of water masses
異なった性質の水塊の境界をいう。水温、塩分、栄養塩量など海水の物理的、化学的性質がほぼ一様なものの大きな塊(かたまり)を水塊という。たとえば親潮系と黒潮系の水塊がぶつかる日本の三陸沖では顕著な潮境がみられる。潮境では、水温、塩分、栄養塩、溶存酸素量などが急変し、水色、透明度も著しく変わるので肉眼でわかることが多い。潮目(しおめ)はこの潮境域にみられる表面の流れの局所的な収束帯である。潮境では海水は(植物プランクトンにとっての)栄養に富み生物生産力が高い。また三陸沖やラブラドル海流とガルフストリームとが相接するグランド・バンクス海域のように寒暖両水系の魚が集まるので好漁場となる。潮境では温度差の大きい寒暖両水塊があるため、海霧が多発し、また低気圧が急激に発達することもある。[半澤正男・高野健三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しお‐ざかい しほざかひ【潮境】
〘名〙
① 互いに異なった性質の海流が接触する境界。漁場に適する。
※幸若・大臣(室町末‐近世初)「ちかふよせてはかなふまじい。しほざかひへ打出、ふせいでみむとせむぎして」
② 川水と海水の境。
※浮世草子・好色一代男(1682)三「しほさかいより小早に乗うつりて風うれしく、備後の国鞆(とも)といふ所にあがり」
③ 江戸時代、本多髷などの鬢で、油をつけたところとつけないところとの境目をいう。〔随筆・半日閑話(1823頃)〕
④ 物事一般の境界。さかいめ。
※浄瑠璃・松風村雨束帯鑑(1707頃)龍神風流「今こそ一生一代の、たがひの恋のしほざかひさしくるしほにはつきながされ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潮境」の用語解説はコトバンクが提供しています。

潮境の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation