@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

濁酒【どぶろく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

濁酒
どぶろく
「にごりざけ」「だくしゅ」「白馬 (しろうま) 」ともいう。日本酒製法に従って造った (もろみ) をろ過せずに,そのまま飲用する。粗白米を原料とし,粗雑な方法で造られるので,腐敗を起し,乳酸発酵による酸味の強いものがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にごりざけ【濁酒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だくしゅ【濁酒】
どぶろくに同じ。 ⇔ 清酒

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょく‐しゅ ヂョク‥【濁酒】
〘名〙 (「じょく」は「濁」の呉音) 日本酒で、もろみをしぼらないもの。どぶろく。にごりざけ。だくしゅ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※俳諧・新撰犬筑波集(1532頃)発句「風寒し濁酒(ヂョクシュ)成りともすいた哉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だく‐しゅ【濁酒】
〘名〙 にごりざけ。日本酒の一種で、製造原料は清酒と同じであるが、漉(こ)さないので白くにごっている。どぶろく。《季・秋》
※田氏家集(892頃)上・奉餞紀大夫累出判肥、聊因詩酒「蕪詞願我廻青眼、濁酒留君表血誠」 〔嵆康‐与山巨源絶交書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にごり‐ざけ【濁酒】
〘名〙 (「にごりさけ」とも) 糟(かす)をこしてない酒。もろみをこしてないか、濾過しただけで滓引(おりびき)していないために白濁している酒。どぶろく。賢人。だくしゅ。にごれる酒。にごり。《季・秋》 〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だく‐しゅ【濁酒】
にごりざけどぶろく。 秋》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

だくしゅ【濁酒】

にごりざけ。⇒にごりざけ

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

濁酒
だくしゅ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

濁酒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

濁酒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation