@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

濃尾平野【のうびへいや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

濃尾平野
のうびへいや
岐阜県南部から愛知県西部にかけての構造盆地上に木曾川長良川揖斐川堆積物によって形成された平野。木曾川左岸の尾張平野と右岸の美濃平野をあわせた名称で,面積 1800km2に及ぶ日本有数の大平野。平野は,東北部の木曾川の台地 (河岸段丘) 地域,木曾川,長良川,揖斐川の扇状地,中央部の自然堤防などを含む氾濫原,南部の三角州および干拓地域に区分される。台地地域には,黒ボクと呼ばれる火山灰土壌の各務原台地,犬山台地,名古屋市の中心市街地が広がる熱田台地などがある。熱田台地を除けば,乏水性の台地は一般に開発が遅れていたが,中心市街地からの工場移転と住宅化が急速に進み,都市化が著しい。犬山扇状地は半径 12kmに及び,砂礫からなって排水がよいので,長く桑畑地帯をなしていた。犬山市はこの扇頂部と台地に広がり,扇状地には江南市,小牧市その他の町村が位置し,扇端に一宮市などがある。これらの扇状地でも工場,住宅などが増え名古屋市の近郊化が著しい。犬山市から津島市までの直線距離約 20kmを中心に広く展開する平地は肥沃な氾濫原で,古くからの条里制遺構もみられ,近世からの野菜園芸の地域である。氾濫原南の三角州地帯の旧東海道 (国道1号線) 以南は 17世紀以降の干拓地で,自然堤防を除けばほとんどが海抜 0m地帯のため排水の問題と高潮の危険がある。さらに南の湾岸は,急速な工業化に伴って造成された埋立地である。大垣市を中心とする木曾川右岸は輪中地域として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のうび‐へいや【濃尾平野】
岐阜県と愛知県にまたがる平野。木曽川長良川揖斐(いび)川流域。中心都市は名古屋。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうびへいや【濃尾平野】
愛知県北西部から岐阜県南西部にかけて広がる平野。木曾川長良川揖斐(いび)川の3河川により形成され,東西約40km,南北約45km,面積約1800km2に及ぶ。東は美濃三河高原の南西につづく尾張丘陵と尾張山地,北は両白山地,西は傾動状地塊の養老・伊吹両山地の東側急斜面によって限られ,南は伊勢湾に臨む。木曾川をはさんで尾張国と美濃国に分かれるため,東を尾張平野,西を美濃平野または西濃平野ともよぶ。尾張丘陵をつくる新第三系は犬山付近では南西方へ,瀬戸付近では西方へ2~3度以下の角度で緩やかに傾斜しており,海部(あま)郡弥富付近を中心とした西低東高の傾動運動の結果生じた典型的な構造盆地といえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のうびへいや【濃尾平野】
岐阜・愛知両県にまたがる沖積平野。木曽川・長良川・揖斐いび川の堆積によって形成された三角州。下流域では輪中わじゆうが発達する。中心都市は名古屋市。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔愛知県(岐阜県)〕濃尾平野(のうびへいや)

愛知県西部から岐阜県南西部に広がる大沖積(ちゅうせき)平野。木曽(きそ)川・長良(ながら)川・揖斐(いび)川の3河川(木曽三川)の堆積(たいせき)により形成され、南は伊勢(いせ)湾に臨む。木曽川を境に東を尾張(おわり)平野、西を美濃(みの)平野と分けてよぶこともある。木曽川がつくる日本最大の犬山(いぬやま)扇状地が北東部に広がり、全面に自然堤防と後背湿地が発達。海岸付近は三角州と江戸時代に造成された干拓地。木曽川右岸一帯は、堤防に囲まれた輪中(わじゅう)とよばれる耕地・集落の景観が広がる。名古屋市を中心に臨海工業地帯を形成、中京工業地帯の中核をなす。尾西(びさい)地方で毛織物工業、瀬戸(せと)市を中心に窯業が発達。稲作のほか野菜・植木栽培が盛ん。低地が広く、古くから洪水が頻発する地域。とくに1959年(昭和34)の伊勢湾台風の高潮では沿岸の低地は一面大被害を受けた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

濃尾平野
のうびへいや
木曽川(きそがわ)を挟んで尾張(おわり)国(愛知県)、美濃(みの)国(岐阜県)を含む大平野をいう。面積約1800平方キロメートルの典型的な沖積平野で、東西40キロメートル、南北45キロメートル。東縁は尾張丘陵から名古屋市の八事(やごと)丘陵、西縁は養老山脈、北縁は古生層の飛騨(ひだ)山地南端、南縁は伊勢海(いせのうみ)である。成因は、養老山脈の東縁に生じた養老断層(第3紀末)すなわち断層角盆地に、伊勢海が湾入、さらに木曽、長良(ながら)、揖斐(いび)のいわゆる木曽三川と庄内(しょうない)川の流出する土砂が堆積(たいせき)し陸化した平野で、代表的構造盆地といえる。養老断層は敦賀(つるが)・伊勢湾構造線の一環をなし、中央構造線とは直交し、本州島の最狭部を形成。養老断層下の堆積層の厚さは第三紀層を含めると実に1800メートル、沖積層と洪積層だけで約400メートル。この養老断層崖(がい)を最低地とし、東方名古屋市を最高地とする東高西低型の地形である。木曽三川が下流部で合流に近い接近をするのも自然の理といえる。
 木曽川左岸の平野は尾張平野で、右岸の美濃平野が輪中(わじゅう)平野であるのに比べると、ほとんど輪中がみられないのが一大特色である。とくに木曽川左岸に堅固な堤防「御囲堤(おかこいづつみ)」(1601築堤)ができてからは洪水の害を免れるようになった。
 尾張平野の地形は、犬山扇状地、自然堤防地帯、デルタ・干拓地帯に三分される。
 犬山扇状地は犬山市を頂点に半径約12キロメートル、日本最大級の扇状地で、下部は粗大な砂礫(されき)層、表層に薄く砂壌土が覆っている乏水性扇状地である。明治以降、桑畑に開墾され養蚕が盛んであった。現在、犬山市、江南市、小牧市、扶桑(ふそう)町、大口町などを発達させている。
 自然堤防地帯は、犬山扇状地の前面に広がり、南限はデルタ・干拓地帯までで、現在、一宮(いちのみや)市、岩倉市、稲沢市、北名古屋市、清須市と西春日井(にしかすがい)郡豊山(とよやま)町などを発達させ、古くから尾張国の中心、現在は東海道本線、名古屋鉄道本線の貫通する近代工業都市地帯である。自然堤防は木曽川の乱流時代の旧河道につくられた砂質土壌の微高地で、後背湿地とよばれる低湿な凹地を伴っている。土壌は細かい砂壌土で農業に適し、自然堤防上は集落と畑、後背湿地は水田に利用されている。
 デルタ・干拓地帯は、枇杷島(びわじま)・津島を結ぶ線以南の泥層の沖積低地である。伊勢湾に注ぐ木曽川乱流時代の旧河川と庄内川の河口のデルタと、おもに江戸時代の干拓新田を含む水田地帯である。さらに前面の湾岸には、伊勢湾台風復興事業の一環として、名古屋港臨海工業地帯の拡張のための埋立地が造成されている。
 地盤沈下の激しい地区で、1970年代には年間12センチメートルもの沈下量を示したが、地下水揚水の規制によって現在では緩和傾向にあるが、水郷、ゼロメートル地帯のため特有の排水問題を抱えている。[伊藤郷平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のうび‐へいや【濃尾平野】
(美濃国と尾張国にまたがるところから呼ばれる) 愛知県北西部から岐阜県南西部にかけてひろがる平野。北を両白山地、西を養老山地、東を尾張丘陵に限られ、南は伊勢湾に臨む。木曾川・揖斐(いび)川・長良川・庄内川の形成した沖積平野で、日本有数の穀倉地帯。東西の交通網が集中し、中京工業地帯の主要部、名古屋・岐阜などの都市を発展させている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

濃尾平野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

濃尾平野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation