@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

濃縮ウラン【のうしゅくウラン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

濃縮ウラン
のうしゅくウラン
enriched uranium
天然ウランに比べて,核分裂性同位体のウラン235濃度を高めたウラン天然ウラン中のウラン235の濃度は 0.72%であるが,六フッ化ウランを使用したガス拡散法遠心分離法などによってその濃度を高めることができる。濃縮度が大きいと臨界量が低くなり,原子炉設計の融通性が高まる。商用原子炉として代表的な加圧水型原子炉沸騰水型原子炉では,濃縮度 3~4%程度の低濃縮ウランが使用されている。核兵器には濃縮度 90%以上の高濃縮ウランが使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のうしゅく‐ウラン【濃縮ウラン】
天然ウラン中に0.72パーセントしか含まれていないウラン235の濃度を人工的に高めたウラン。軽水炉では2~4パーセントに濃縮したものが使用される。濃縮の方法には、ガス拡散法・遠心分離法・イオン交換法などがある。EU(enriched uranium)。→高濃縮ウラン低濃縮ウラン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のうしゅくうらん【濃縮ウラン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のうしゅくウラン【濃縮ウラン】
核燃料となるウラン二三五の存在比を、天然のウラン中の存在比0.71パーセントより高くしたもの。原子爆弾には存在比93パーセント以上、一般の動力炉には3~4パーセントのものが使われる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のうしゅく‐ウラン【濃縮ウラン】
〘名〙 (ウランはUran) 核分裂を起こすウラン二三五の濃度を人工的に高めたウラン核燃料。天然ウラン中の存在比〇・七二パーセント以上のウラン二三五を含有する。核燃料用。〔現代日本技術史概説(1956)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

濃縮ウラン
ノウシュクウラン
enriched uranium

天然ウランに含まれる核分裂性の235Uの同位体存在度は0.71% にすぎない.そこで核分裂連鎖反応を起こしやすくするために,同位体効果を利用して人工的に235Uの含有率を高めたものをいう.一般に,ガス拡散法を用いて濃縮を行っているが,これは,約60 ℃ で六フッ化ウランの気体隔膜に通すと,通過した気体中に235Uが濃縮されるという原理にもとづく.濃縮度が増すにつれて,含有率1% 以下のものを微濃縮ウラン(slightly enriched uranium),数% 以下のものを低濃縮ウラン(low enriched uranium),90% 以上に達するものを高濃縮ウラン(highly enriched uranium)とよんで区別する.また,EU,SEU,HEUなどの記号によって,それらのだいたいの濃縮度を示すこともある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

濃縮ウラン
のうしゅくうらん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

濃縮ウラン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

濃縮ウランの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation