@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

濃霧【ノウム】

デジタル大辞泉

のう‐む【濃霧】
濃くたちこめた気象観測では見通しのきく範囲が200メートル以下をいう。 秋》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

のうむ【濃霧】
濃い霧。深い霧。気象観測では、視程が200メートル 未満のもの。 [季] 秋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

濃霧
のうむ
濃い霧のこと。気象観測では視程が200メートル未満の霧をいう。ただし海上の濃霧注意報の基準は視程500メートル未満が通例である。視程が10メートル未満などという濃い霧がおこることがあり、山霧や前線霧や海霧は陸上交通や海上交通の障害となる。高速道路では濃い霧になると速度制限があったり、ときには閉鎖される。列車も濃い霧のときは速度制限をしたり運転中止となる。空港では濃い霧のときは離着陸ともに禁止される。海上の濃霧による船舶の遭難は古くから多い。交通の頻繁な瀬戸内海などではとくに濃霧に関心が払われている。[大田正次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のう‐む【濃霧】
〘名〙 こいきり。深い霧。気象観測上は視程が二〇〇メートル未満の場合をいう。海上の濃霧注意報は視程五〇〇メートル未満。
※文華秀麗集(818)上・秋山作〈朝野鹿取〉「谿生濃霧織薄穀、水写軽雷引飛泉」 〔趙孟頫‐早春詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

濃霧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

濃霧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation