@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瀝青【れきせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

瀝青
れきせい
bitumen
天然アスファルトピッチ,または二硫化炭素に溶ける半固状,固状の炭化水素混合物。石油産地で原油の変質物のアスファルトやピッチが発見され,青と呼んだ。天然アスファルトがさらに変質して硬い黒色固体になって加熱しても溶融せず,無酸素の状態であれば熱分解を起して炭化水素を主とする油状物とガスが生成する。これをナフサ瀝青という。その後,これらを瀝青と総称するようになった。化学組成は複雑であるが,パラフィン系とアスファルト系に二大別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れき‐せい【×瀝青】
天然のアスファルトタールピッチなど、黒色の粘着性のある物質の総称。また、石炭を加圧下でベンゼンを用いて抽出したときの抽出物。チャンビチューメンビチューム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

瀝青
最初は原油などを蒸留した後に残るピッチに用いたが,後に広い意味ですべての天然に産出する様々な組成の炭化水素類に使用し,粘性度の点でも,液体,石油のような移動性のある物体や鉱物性タールなど粘性体から,アスファルト,黒色固体の炭化水素焦性瀝青(pyrobitumen)やアンスラクソライト(anthraxolite)などの固体にも使用する[Woodward : 1729, Tomkeieff : 1954].ラテン語のpixはピッチ,tumeoは増大する,膨張する,pixtumensはピッチが増大するの意味.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

チャン【瀝青】
〘名〙
① 近世の和船や唐船の船体・綱具などに用いる濃褐色の防腐用塗料。松脂・油・蜜陀僧・軽粉などをまぜ合わせ、熱してつくる。れきせい。
※俳諧・類船集(1676)奴「ちゃんをぬるは黒舟か、空泣のなみだには墨をぬれり」
② アスファルトやピッチの別称。
※小学化学書(1874)〈文部省〉二「石炭は炭気の外更に種々の物を得べし。例へば『テール』及『チャン』の如し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れき‐せい【瀝青】
〘名〙 樹木、泥炭、褐炭などから、ベンゼンなどの有機溶剤で抽出される有機物質の総称。植物の種類、炭化の程度などにより、内容に差がある。チャン。〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀝青」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瀝青の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation