@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瀬川菊【せがわ きく】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

瀬川菊 せがわ-きく
?-? 織豊時代の女性。
肥前佐賀城主竜造寺政家の家臣瀬川采女(うねめ)の妻。文禄(ぶんろく)2年(1593)朝鮮に出征した夫への手紙軍船に託すが,は難破し手紙をいれた小箱が博多に漂着し,豊臣秀吉のもとにとどけられる。秀吉はこれをよみ,その思慕をあわれみ,采女の帰国を命じたという。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。本姓小野

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

瀬川菊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瀬川菊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation