@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瀬戸内気候【せとうちきこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

瀬戸内気候
せとうちきこう
瀬戸内海沿岸地域に卓越する気候。瀬戸内式気候,瀬戸内海気候などともいわれる。北は中国山地,南は四国,紀伊山地に囲まれた地域で,夏冬ともに季節風が山地によりさえぎられるため比較的雨が少なく,温暖であるのが特色。また,夏は海陸風が卓越し(→海風陸風),夕なぎのときは蒸し暑いことで有名である。年間の 1mm以上の降水日数は 120日未満で,太平洋岸よりいくぶん少なく,日本海側に比べるとはるかに少ない。年降水量は 1000~1400mmで,太平洋,日本海両側よりはるかに少ない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬戸内気候」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瀬戸内気候の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation