@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瀬戸内【セトウチ】

デジタル大辞泉

せとうち【瀬戸内】[地名]
瀬戸内海およびその沿岸地域の
岡山県南東部にある市。北部の長船(おさふね)は中世に刀鍛冶(かたなかじ)で栄え、備前最大の都市だった。平成16年(2004)11月に牛窓町、邑久(おく)町、長船町が合併して成立。人口3.8万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せとうち【瀬戸内】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せとうち【瀬戸内】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せと‐うち【瀬戸内】
[1] 瀬戸内海。また、瀬戸内海沿岸の地域。
[2] 岡山県南東部、瀬戸内海に面した地名。内陸部はJR赤穂線が通じ、岡山市のベッドタウン化が進む。名刀備前長船の産地で知られ、また、牛窓港は古代から海上交通の要地として栄えた。平成一六年(二〇〇四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬戸内」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瀬戸内の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation