@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瀬田川【せたがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

瀬田川
せたがわ
滋賀県大津市を流れる川。琵琶湖から流れる排水河川。湖の南端から京都府境までの約 15kmをいい,下流宇治川淀川となって大阪湾に注ぐ。平安時代から京都の外郭防御線をなし,瀬田付近はしばしば戦場となった。江戸時代は湖岸の水害防止のため瀬ざらいが行われたが,1905年湖面水位調節のため南郷洗堰が設置された (現在のものは 1961年開設) 。瀬田唐橋があり,付近は古くから交通の要地。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せた‐がわ〔‐がは〕【瀬田川】
滋賀県、琵琶湖南端から流出する川。東岸瀬田西岸石山東海道渡河点。京都府で宇治川、下流で淀川となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せたがわ【瀬田川】
琵琶湖南端から流出して滋賀県南西部を流れ,京都府に入って宇治川と名称を変え淀川に入る河川。宇治川となるまでの流路延長は14.7km。琵琶湖から流出する唯一の河川で,南郷洗堰(なんごうあらいぜき)の下流で大戸(だいと)川を合わせ,次いで米がし,鹿飛(ししとび)の奇勝地から峡谷をつくって南西方向に流れて宇治川となる。東岸の大津市瀬田地区は古来交通の要所として知られ,著名な合戦場でもあった。瀬田から対岸の石山へは東海道本線,新幹線,国道1号線,名神高速道路,旧東海道(瀬田唐橋)の五つの橋がかかって新旧対照をみせ,河岸には繊維,電器などの工場が集中する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

瀬田川
せたがわ

滋賀県の琵琶湖(びわこ)南端から流出して南下する川。古くは勢多川、世多川、勢田川とも書いた。下流は宇治川、淀川(よどがわ)となる。流出口から大戸(だいと)川との合流点までを一般に瀬田川とよぶが、河川法では淀川である。全長15キロメートル。古くから北陸と大和(やまと)とを結ぶ水路として重要視され、東大寺造営用の木材も運搬された。東岸の瀬田、西岸の石山は東海道の渡河点であり、戦略上の要衝としてたびたび歴史上に現れている。現在もJR東海道本線瀬田川鉄橋、国道1号瀬田川大橋、東海道・山陽新幹線と名神高速道路の瀬田川橋、旧東海道の瀬田唐橋(からはし)など重要な交通路が集中している。1902年~1908年(明治35~41)の瀬田川改修工事で、湖口から5.5キロメートル地点の川幅が109メートルに拡幅されて水位が3.6メートル下げられた。1905年には南郷洗堰(なんごうあらいぜき)も完成した。現在の洗堰は1961年(昭和36)完成のダム形式のもので電動式の水位調節が行われる。

[高橋誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せた‐がわ ‥がは【瀬田川】
琵琶湖南端から流出する川。京都では宇治川、大阪では淀川となり、大阪湾に注ぐ。旧東海道の瀬田の唐橋の夕照(せきしょう)は近江八景の一つとして知られた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬田川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瀬田川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation