@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瀬田【せた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

瀬田
せた
滋賀県大津市南部にある地区。旧町名。 1967年大津市に編入。古代近江国府がおかれた地で,東海道瀬田唐橋」の東側の橋畔集落として発達。古くから交通の要地で,新幹線,国道1号線,名神高速道路などが通る橋がある。電機レーヨンなどの工場も立地。 1970年国鉄田駅開設以後,宅地化も進んでいる。近江八景の「瀬 () 田夕照」で知られ,琵琶湖国定公園を代表する景勝地の1つ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せた【瀬田】
(古くは「勢田」とも)滋賀県大津市地名琵琶湖南端の、瀬田川への流出口にある。近江八景の一つ「瀬田の夕照(せきしょう)」で知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せた【瀬田】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せた【瀬田】
滋賀県大津市内の地名。琵琶湖南端、瀬田川の流出口東岸にある。瀬田の唐橋からはしで西岸と連絡。近江八景の一、瀬田の夕照せきしようで知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

瀬田
せた
滋賀県南部、大津市の一地区。旧栗太(くりた)郡瀬田町。古くは勢多、勢田とも書いた。瀬田川東岸の渡津集落で、東国から京都へ入る重要な交通の要衝であった。現在も北からJR東海道本線(琵琶(びわ)湖線)、国道1号、旧東海道、東海道・山陽新幹線、名神高速道路、京滋バイパスが走る。古来、近江八景(おうみはっけい)の一つ「瀬田の夕照(せきしょう)」で知られる瀬田唐橋(せたのからはし)は旧東海道に架かる橋で、『日本書紀』天武(てんむ)天皇1年(672)7月の壬申(じんしん)の乱の条に記され、『枕草子(まくらのそうし)』に「橋は瀬田橋」とある。現在の橋は1979年(昭和54)に付け替えられたもので、擬宝珠(ぎぼし)などに旧態をとどめる。南東詰に田原藤太秀郷(たわらとうたひでさと)を祀(まつ)る橋守神社がある。このほか近江一宮(いちのみや)の建部(たけべ)大社や、背後の丘陵地に近江国庁跡(国の史跡)がある。また丘陵地には県立近代美術館、滋賀医科大学、龍谷大学瀬田キャンパスなどの学術文化ゾーンが展開されている。[高橋誠一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せた【瀬田】
滋賀県大津市の地名。琵琶湖南端、瀬田川への流出口に面する。古くは近江国の国府所在地。近江国一宮の建部(たけべ)大社がある。勢多。勢田。
※書紀(720)天武元年七月(北野本南北朝期訓)「男依等、瀬田(セタ)に到る。時に大友皇子、及び、群臣等、共に橋の西に営りて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瀬田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation