@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【セ】

デジタル大辞泉

せ【瀬】
川などの流れが浅く歩いて渡れる所。浅瀬。「を渡る」⇔淵(ふち)
川の流れの急な所。また、海水の流れ。潮流。「を下る」「潮
物事に出あうとき。機会。「身をすててこそ浮かぶもあれ」「逢(お)う
置かれている立場。「立つがない」
そのような点。ふし。
「かへりて面だたしげなるを、うれしき―もまじりて、大臣(おとど)は御涙のいとまなし」〈・葵〉
場所。ところ。
「聞かずともここを―にせむ時鳥(ほととぎす)山田の原の杉の群立ち」〈新古今・夏〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らい【瀬】[漢字項目]
常用漢字] [音]ライ(呉)(漢) [
〈ライ〉水の流れの浅い所。流れの急な所。「急瀬(きゅうらい)」
〈せ〉「瀬戸浅瀬川瀬早瀬

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せ【瀬】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せ【瀬】
川の水が浅く人が歩いて渡れる所。あさせ。 ⇔ ふち -を渡る
川の流れの速い所。はやせ。 -にのまれる
海流の流れ。潮流。 潮-
置かれている立場。 立つ-がない
機会。機縁。場合。 逢う-を楽しむ 浮かぶ-がない
そのところ。その点。 憂きにも嬉しき-はまじり侍りけり/源氏 柏木

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瀬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation