@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

瀾滄江【らんそうこう】

世界大百科事典 第2版

らんそうこう【瀾滄江 Lán cāng jiāng】
中国,西南地区の大河浪滄江ともいう。上流はタングラ(唐古拉)山脈の青海省側に発する扎曲や昂曲などで,チベット自治区チャムド(昌都)から南東流して雲南省にはいり,横断山脈怒山や雲嶺などの山間南下シーサンパンナ(西双版納)タイ(傣)族自治州南端でミャンマー・ラオス国境に出る。下流メコン川となる。中国内での全長1612km。急流で深い峡谷をなすが,シーサンパンナでは河谷盆地が開け,米の生産もさかんである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

瀾滄江
らんそうこう / ランツァンチヤン

中国南西部を流れる川で、インドシナ半島を流れるメコン川の上流。チベット自治区と青海省の境界を走るタングラ山脈に源を発し、扎曲(ザチュ)の名でよばれて南東流し、チベットに入ってのち瀾滄江とよばれる。東側の他念他翁(たねんたおう)山脈を挟んで怒江(どこう)と併流し、雲南省北西端から雲南省内に入り、さらに南流し、シーサンパンナ・タイ族自治州南端でラオス領内に入る。以下をメコン川という。全長は4425キロメートルであるが、中国領内は1800キロメートル。中国領内では深い縦谷を刻んで流れるため、狭い谷底平野以外の平地はみられず、水運の便もほとんどない。しかし包蔵水力は豊富で、雲南省内だけで3650万キロワットに達すると推定される。省内に15の水力発電所(出力2073万キロワット)を階段状に建設する計画がある。流域の住民はチベット族、タイ族、ラフ族、ハニ族などの少数民族が多い。

[青木千枝子・河野通博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

瀾滄江
らんそうこう
ランツァン(瀾滄)江」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀾滄江」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瀾滄江の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation