@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

灘浦【なだうら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

灘浦
なだうら
能登半島の基部東岸,富山湾に面する海岸。石川県七尾市の観音崎から富山県氷見市阿尾までの約 30kmをいう。宝達丘陵が海岸に迫り,海食を受けて断崖をなす。暖地性植物,寒地性植物の限界地域にあるため植物相が豊かで,氷見市の虻ガ島には暖地性植物群落がみられる。秋~冬は富山湾を回遊するブリの定置網漁が行われ,氷見をはじめ漁港が多い。国道 160号線が海岸部を通る。能登半島国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なだうら【灘浦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

灘浦
なだうら

富山湾北西部の海域で、石川県七尾市(ななおし)から富山県氷見市(ひみし)に至る沿岸部をいう。能登(のと)半島の丘陵性山地が海に迫り、入り江の漁村を除き岩石海岸となっている。暖流の影響が強く、積雪も少なく常緑広葉樹などの暖帯性植物がみられ、虻(あぶ)ヶ島はその代表である。古くから定置網漁業が行われ、富山県の阿尾(あお)、藪田(やぶた)、大境(おおざかい)、宇波(うなみ)、中波、石川県の東浜、庵(いおり)などの漁村がある。能登半島国定公園の一部である。

[深井三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灘浦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

灘浦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation