@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

火の柱【ひのはしら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

火の柱
ひのはしら
Pillar of fire
1幕のバレエ。音楽 A.シェーンベルク。振付 A.チューダー。装置 J.ミエルジンナー。 1942年アメリカン・バレエ・シアター初演。ドイツの詩人 R.デーメルに基づいてシェーンベルクが作曲した『浄夜』を全曲使い,三人姉妹のまんなかの娘ヘイガーの青春のあせりとつまずきを描いた心理的な作品。チューダーの渡米後初の作品で,代表作の一つ。バレエ・シアターのレパートリーになっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひのはしら【火の柱】
木下尚江小説明治37年(1904)発表。日露戦争前後、非戦論を唱え、資本家軍人・政治家らの虚偽と不正をあばくキリスト教社会主義者の行動を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

火の柱
米国の作家レイ・ブラッドベリの戯曲集(1980)。原題《Pillar of Fire and Other Plays》。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火の柱
イギリスの振付家アントニー・チューダーによるバレエ(1942)。原題《Pillar of Fire》。初演はアメリカン・バレエ・シアター。音楽はアルノルト・シェーンベルク。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひのはしら【火の柱】
小説。木下尚江作。1904年(明治37)「毎日新聞」連載。社会の虚偽不正をあばき、非戦論を唱えるキリスト教社会主義者を情熱的に描く。社会主義文学の先駆。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ【火】 の 柱(はしら)
※謡曲・求塚(1384頃)「柱もすなはち火焔となって、火の柱を抱くぞとよ」
② 旧約聖書の「出エジプト記」に出てくる故事。イスラエル民族は四十年の長い間、荒野の旅を続けたが、神はその行く先に、夜になると火の柱を燃やして、道しるべとしたといわれる。
※旧約全書(1888)出埃及記「ヱホバかれらの前に往たまひ昼は雲の柱をもてかれらを導き夜は火(ヒ)の柱(ハシラ)をもて彼らを照して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひのはしら【火の柱】
長編小説。木下尚江作。明治三七年(一九〇四)刊。日露戦争前後の日本で、平民社を中心にキリスト教社会主義者によって展開された平和運動と、当時の体制社会の悪を描く。明治の社会主義文学の代表作。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

火の柱
ひのはしら
明治後期,木下尚江 (なおえ) の長編小説
1904年『毎日新聞』に連載された社会主義文学の代表作。日露戦争をめぐりキリスト教社会主義の立場からの非戦運動を主題として主人公篠田長二が,資本主義社会の悪と闘い,結局官憲に捕らえられるという筋。作者の理想を生き生きと描き出した作品。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火の柱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火の柱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation