@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

火の見櫓【ひのみやぐら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

火の見櫓
ひのみやぐら
火災発生を見張るために木材鉄柱などを組合せてつくった高い塔,または台。簡単なものは火の見ばしごという。には半鐘をつるし,そのつき方の緩急,点鐘数の差異によって火災遠近を伝えたが,現在では地方でなければみられない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひのみ‐やぐら【火の見×櫓】
火事を発見したり、その位置を見定めたりするために高く設けた櫓。 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひのみやぐら【火の見櫓】
江戸の火の見櫓は,1658年(万治1)定火消の制が発足し,火消屋敷に建てられたのに始まる。高さ3丈(約9m),外部の蔀(しとみ)は白木生渋(きしぶ)塗であったが,それは定火消屋敷に限られ,続いて設けられた大名火消屋敷や町の木戸の火の見櫓はすべて黒塗で,櫓の高さも定火消のそれより低くなければならなかった。また櫓の上層部が四方にあいているのは定火消の櫓のみで,大名火消の櫓も江戸城に面した側はふさがれていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

火の見櫓
ひのみやぐら

火事を警戒するために常時登ったり、火災のとき、出火場所の方向、距離などを見定めるために登る櫓。櫓上には半鐘が設置されており、これを打ち鳴らして火事を知らせる。たとえば、火元が遠い場合は一打ずつ間を置いて打ち、近火の場合にはきわめて急繁に打つ。この火の見櫓が最初に設置されたのは明暦(めいれき)の大火の翌年(1658)のことで、幕府直属の定火消(じょうびけし)が設けられた際、火消屋敷に高さ3丈(約9メートル)のものが建てられ、昼夜、火の番が見張り、出火を認めると太鼓で合図した。江戸では、およそ十か町に一か所建てられ、それ以外の町では、自身番小屋の屋上に、梯子(はしご)と半鐘を取り付けただけの所もあった。明治以降もこの火の見櫓の名称は残っていたが、自警団の櫓を除き、都市の消防署では建物の近代化に伴い、望楼とよぶようになった。現在では、周辺の建物が高層化し、実際にはあまり使われていない。

[片岸博子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火の見櫓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火の見櫓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation