@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

火中【カチュウ】

デジタル大辞泉

か‐ちゅう〔クワ‐〕【火中】
[名](スル)
燃えている火の中。
火の中に物を入れて焼くこと。
「貫一は例に因りて封のまま―してけり」〈紅葉金色夜叉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐なか【火中】
火の中。火の燃える中。
「さねさし相模の小野に燃ゆる火の―に立ちて問ひし君はも」〈・中・歌謡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐ちゅう クヮ‥【火中】
〘名〙
① 火のなか。
※将門記(940頃か)「火を遁れて出る者、矢に驚きて還り、火中に入りて叫喚す」 〔梁書‐諸夷伝・海南諸国・扶南〕
② (━する) 火の中に入れて灰にすること。古く手紙の末に、読後、焼却を求めて「火中」「火中火中」などと書くことがある。
※俳諧・千宜理記(1675)三「文ならぬいろはもかきて火中哉〈芭蕉〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐なか【火中】
〘名〙 燃えている火の中。
※古事記(712)中・歌謡「燃ゆる火の 本那迦(ホナカ)に立ちて 問ひし君はも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation