@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

火刑【かけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

火刑
かけい
burning at the stake
バビロニアや古代イスラエルで行なわれた処法の一つ。のちにヨーロッパや北アメリカでも採用された。焚刑(ふんけい),火焙(ひあぶり)ともいう。一部の火刑では,受刑者の苦しみを短くする仕掛けが用意された。火薬入り容器を受刑者に取り付け,熱せられると爆発して受刑者を即座に死にいたらしめたり,受刑者の首に鎖をかけ,首がまって死ぬような仕掛けもあった。宗教裁判の時代にはスペインの異端者が火刑を受け,フランスではジャンヌ・ダルクが異端と宣告され 1431年にフランスのルーアンで火刑に処せられた。1555年にはプロテスタントの主教,ヒュー・ラティマー,ニコラス・リドリー,ジョン・フーパーが異端と宣告され,イングランドで火刑に処せられた。また火刑は魔術を働いた罪で有罪とされた女性に対する伝統的な処刑方法だった(→魔女狩り)。イングランドでは,異端者の火刑は 1612年のエドワード・ワイトマンの死をもって終わったが,異端以外の罪での火刑は 18世紀に入っても続いた。日本でも,江戸時代の放火の罪に対する刑罰(→八百屋お七)やキリシタンの弾圧(→元和大殉教)などに火刑が用いられた例がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐けい〔クワ‐〕【火刑】
火あぶりの刑。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かけい【火刑】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

か‐けい クヮ‥【火刑】
〘名〙 火あぶりの刑。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)口明「是を焙烙(ほうろく)にかけいの罪とも、又俗に申でん責とも申す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火刑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火刑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation