@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

火口【ほくち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

火口
ほくち
tinder
火打石で火をおこすとき,最初に火を燃上がらせるために用いる物。イグチの類,サルノコシカケ類などのキノコのある種の子実体菌糸をよく乾燥させたものや,アサなどの繊維,ガマのなどをよく解きほぐしたものが用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

火口
によって噴出点に造られる窪地で、多くはすり鉢状。マグマ通路(火道)に通じている。溶岩がたまり溶岩湖や、水がたまり火口湖になっているものもある。直径は1km以下のものが多い。1つの火山に火口が複数あり、その配列に規則性がみられる場合も多い。直線状の火口列は、地下でマグマの板状の供給路(岩脈)と結ばれている。
(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

か‐こう〔クワ‐〕【火口】
火山の、噴出物が放出される開口部。噴火口。
ボイラーの火のたき口。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐ぐち【火口】
火事の、火の燃えはじめ。また、その場所。火元。
火をつけるための口。点火口。「かまどの火口
ガスバーナーなどの、燃料をもやして炎を出す穴。ほぐち。
火縄銃火門(かもん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐くち【火口】
火打ち石で発火させた火を移し取るもの。イチビの茎を焼いた炭、また茅花(つばな)パンヤ焔硝(えんしょう)を加えたものが用いられた。火糞(ほくそ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かこう【火口 crater】
噴火口ともいう。マグマの地表への噴出口であり,ふつう逆円錐形,円筒形または楕円形で直径約2km以下の凹地である。火山体の山頂部にあるものを山頂(中央)火口,側腹や山麓のものを側火口という。ほかに水蒸気爆発による爆裂火口陥没によるピットクレーターもある。成層火山楯状火山,砕屑丘(さいせつきゆう)には山頂火口がたいてい見られ,溶岩円頂丘にもまれにある。多数の火口が直線上,帯状または環状に配列する場合も多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

火口
かこう

地下のマグマが溶岩や火山ガスとして地表に噴出する出口。噴火口ともいう。火口は直径数十~数百メートルが普通で、ハワイのキラウエア火山の山頂カルデラ内にある径1キロメートルのハレマウマウ火口などは最大級である。活火山の火口内には多くの場合いくつかの主活動部(火孔)が存在し、そこでは平生でも赤熱溶岩が露頭していたり、火山ガスが燃えていたりすることがあり、さらに、噴火が始まると、たいてい、そこから噴出物が出てくる。火口内の状況の変化は噴火予知の重要な手掛りの一つであり、とくに、火口の深さの変動は火山活動の長期予測に役だち、本格的な活動期には浅くなるのが普通である。

[諏訪 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐こう クヮ‥【火口】
〘名〙 火山体の一部に開いた、溶岩や火山ガスなどの噴出口。噴火口。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐ぐち【火口】
〘名〙
① 火事の火の燃え口。
※源平盛衰記(14C前)四「火口(ヒクチ)といへば燃え広がらん」
② 古式の鉄砲で、火気を筒に通す穴。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 点火する口。燃やし口。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「拾ひし檄(ふだ)をとり出して、目ちかく松寿にさし著つつ、行燈(あんどん)の火口(ヒグチ)を推向(おしむけ)
④ 噴火口。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐くち【火口】
〘名〙 火打石と火打金とを打ち合わせて生じた火を移しとるもの。(いちび)の殻幹を焼いたり、また茅花(つばな)やパンヤに焼酎、煙硝を加えて煮たりして製する。ほくそ。
※日蓮遺文‐四条金吾殿御返事(1279)「いかに日蓮いのり申とも、不信ならば、ぬれたるほくちに火をうちかくるがごとくなるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火口」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火口の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation