@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

火山島【かざんとう】

世界大百科事典 第2版

かざんとう【火山島】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

火山島
かざんとう

海底火山の噴出によって海面上に現れた島。また、火山噴出物が堆積(たいせき)したり、海底の隆起によって、その頂部が水面上に現れ火山島になることがある。千島列島、伊豆諸島、ハワイ諸島、クラカタウ島、ストロンボリ島などは火山島の代表例である。火山島はその火山活動の消長によって消滅したり、著しい地形の変化が生じたりする。1952年(昭和27)に伊豆諸島海域に生成した明神礁(みょうじんしょう)は、大爆発によって消滅したが、1973年に誕生した小笠原(おがさわら)諸島中の西之島新島(にしのしましんとう)が翌年には西之島本島と連結してU字状となり、1982年5月には両島が完全に合体して中央に湖をつくっているなど、変化が激しいものもある。

[市川正巳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かざん‐とう クヮザンタウ【火山島】
〘名〙 海底の火山作用によって海面上に現われた島。硫黄島、伊豆七島、小笠原諸島などがその例で、多く列状をなす。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かざん‐とう〔クワザンタウ〕【火山島】
海底の火山活動によってできたハワイ諸島伊豆諸島など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火山島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火山島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation