@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

火山昇華物【カザンショウカブツ】

デジタル大辞泉

かざん‐しょうかぶつ〔クワザンシヨウクワブツ〕【火山昇華物】
火山の噴気孔周辺に集積した鉱物火山ガス中の成分が冷却されたり、成分どうしあるいは周囲岩石との化学反応を起こしたり、空気によって酸化されたりしてでき、硫黄硫化物塩化物などが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かざんしょうかぶつ【火山昇華物 volcanic sublimate】
火山の噴気孔地帯では噴気孔の周囲に種々の物質が付着している。これらの物質を火山昇華物という。温度が400℃以下の噴気孔でもっともよくみられる火山昇華物は,固体あるいは液体状の硫黄,塩化アンモニウム,およびホウ酸である。硫黄はセレンテルルヒ素を含んでいることが知られている。塩化アンモニウムは噴気孔に近い位置(高温側)に,ホウ酸は遠い位置(低温側)に生成している場合が多い。温度が500℃をこえる噴気孔の周囲は,多くの場合黒い微粒の昇華物がついていて,昇華物の色から噴気孔の温度が想像できる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かざんしょうかぶつ【火山昇華物】
火山地帯で、噴気孔の周囲に集積した鉱物の総称。火山ガス中の成分が、圧力と温度の低下、空気による酸化、周辺の鉱物との反応などによって、固化したもの。硫黄・塩化アンモニウム・ホウ酸など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

火山昇華物
かざんしょうかぶつ
火口や噴気孔などから噴出した高温の火山ガスに由来し、地表近くで生じた昇華物。火口、噴気孔内やその付近によくみられるが、溶岩流や火砕流堆積(たいせき)物に付着していることもある。火山ガスが噴出孔付近で温度と圧力変化をおこして沈殿したり、周囲の岩石と化学反応をおこして生じたもの、さらにそれらの鉱物の溶脱や移動で二次的に生じたものが混在する。火山昇華物には、硫黄(いおう)、たんぱく石、明礬(みょうばん)、ホウ酸、石膏(せっこう)、硬石膏、塩化アンモニウム、雄黄(ゆうおう)、鶏冠(けいかん)石、あられ石、磁鉄鉱、赤鉄鉱、黄鉄鉱、白鉄鉱などがあり、有用鉱物が多い。[諏訪 彰・中田節也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火山昇華物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火山昇華物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation