@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

火成作用【かせいさよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

火成作用
かせいさよう
igneous activity
地下深部におけるマグマの発生,マグマの上昇,貫入,噴出および固結など,マグマの一生にまつわる全過程をいう。火成作用は火山作用深成作用に大別される。火山作用は安定大陸地域,海洋地域,造山帯などの構造地質的条件に関連して起るマグマの噴出を中心とし,火山帯,大洋底地殻,火山および火山岩,熱水鉱床,温泉などの研究対象となる。深成作用は造山帯という特定の構造地質的条件下での深成岩混成岩,花崗岩化作用,変成岩の形成などに関連する作用で,大陸地殻の形成や大陸核の成長なども関連する。大陸では深成作用の一部が地表に達して火山作用となるが,大洋底では火山作用が主であるから,両者は相当性格の異なる2つの火成作用かもしれない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

火成作用
地球内部でのマグマの発達および上昇,貫入,噴出などの移動,さらにそれらに伴う諸現象の総称.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かせいさよう【火成作用 magmatism】
マグマの発生からその上昇,冷却・固結にいたる間に,マグマによってひきおこされる現象の総称。火成作用は火山作用volcanismと深成作用plutonismに大別される。地下のマグマや火山ガスが地表または地表近くに達してひきおこす現象が火山作用であり,地下のマグマが地殻中のいろいろの場所に貫入してひきおこす現象が深成作用である。火山作用によってできる岩石を火山岩,深成作用によってできる岩石を深成岩とよび,両者の中間的な産状(岩脈,岩床,餅盤など)を示すものを半深成岩とよぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

火成作用
かせいさよう
マグマの貫入、噴出、固結およびそれらに伴っておこる地質学的、地球化学的ならびに地球物理学的現象を包括的にいうことば。火成活動ともいう。厳密に定義されたものではない。大洋中央海嶺(かいれい)やプレートの沈み込み帯では、玄武岩から流紋岩に至るいろいろな組成のマグマが貫入あるいは噴出し、海嶺では海嶺そのものを形成し、沈み込み帯では火山帯を生ずる。また地下には花崗(かこう)岩体が形成される。マグマの活動に伴って多様な鉱床ができ、さらに付近では地温勾配(こうばい)が著しく高まって、地熱地帯や温泉地帯を生成する。その結果、マグマの貫入あるいは噴出した周辺の岩石は、いろいろな変成作用や変質作用を受ける。[橋本光男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火成作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火成作用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation