@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

火星の運河【かせいのうんが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

火星の運河
かせいのうんが
canal of Mars
1877年 G.スキアパレリ火星表面の細い線条模様を観測し,これをカナリ (運河) と名づけた。それを実際に運河ではないかと考えた P.ローエルが詳細な研究を行い,全世界の耳目を集めた。運河派のおもな論旨は,極冠が解けた水を赤道地方に運ぶ,なんらかの施設だというところにあり,これから火星文明への想像が生れて,人々の想像力をかきたてた。しかし,当時からその実在を疑い,単なる斑点の連続にすぎないと考える者もいた。現在では,マリナー4号 (1965) 以後探測で,存在は否定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火星の運河」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火星の運河の関連情報

関連キーワード

おもなお雇い外国人ドガ主義西郷隆盛菊池大麓杵屋六左衛門西南戦争チャイコフスキーピサロホプキンズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation