@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

火焔太鼓【カエンダイコ】

デジタル大辞泉

かえん‐だいこ〔クワエン‐〕【火×焔太鼓】
火炎の模様の装飾があるところから》大太鼓(だだいこ)のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

火焔太鼓
古典落語演目のひとつ。五代目古今亭志ん生が現在の形にした。十代目桂文治が得意とした。オチは地口オチ。主な登場人物は、道具屋、さむらい。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かえん‐だいこ クヮエン‥【火焔太鼓】
[1] 〘名〙 吊枠の周囲に火焔の形の装飾のある雅楽用の大太鼓(だだいこ)。上方の日月の飾りを入れると高さ数メートルに及ぶ。
※読本・本朝酔菩提全伝(1809)一「胆ふとげなる若者〈略〉、見事に彩たる火焔太鼓(クヮエンダイコ)を敲居たり」
[2] 落語。一分(いちぶ)で仕入れた古太鼓が三〇〇両で売れたのに味をしめた古道具屋が、音のするものばかりをねらう滑稽を描写する。地口(じぐち)おちで結ぶ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

火焔太鼓
かえんだいこ
大太鼓」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火焔太鼓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火焔太鼓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation