@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

火皿【ヒザラ】

デジタル大辞泉

ひ‐ざら【火皿】
その上で火を燃やすための皿。
キセル・パイプのタバコの葉を詰めるところ。
こんろや暖炉・ストーブなどの、燃料をたく下に置く鉄の格子。さな。火格子。ロストル。
火縄銃火薬を詰めるところ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひざら【火皿】
煙管キセル・パイプの、タバコをつめる部分。
火縄銃の銃身の末端についている、口薬くちぐすり=起爆薬を盛る鉄の小皿。 → 口薬
こんろ・ストーブ・汽罐きかんなどの燃料をたく部分の下部にある鉄格子。ロストル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐ざら【火皿】
〘名〙
① 灯火・炉などで、燃料を入れる容器。
※蘇悉地羯羅経寛弘五年点(1008)上「或は瓷瓦を以て而も燈盞(ヒサラ)を作る」
② 火縄銃の側面にある、火薬をつめ込むところ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ キセル、パイプなどのタバコをつめるところ。雁首(がんくび)
※浮世草子・好色一代男(1682)五「其あたり響ほどの香ひふたつまでこく所を火皿(ヒザラ)にて押えける」
④ 暖炉・窯(かま)などで、燃料をたく下に置く鉄の格子。火格子。さな。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火皿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火皿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation