@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

灯明【とうみょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

灯明
とうみょう
(1) の前に捧げる灯火。あかし。またはろうそくを用いる。 (迷妄) を明るくすることから智慧にたとえられる。 (2) 涅槃異名

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐みょう〔‐ミヤウ〕【灯明】
神仏に供えるともしび。昔は油を、今はろうそくなどを用いる。みあかし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

灯明
神仏に供える火。浄火なので火を消すときは、で吹き消さずに手やであおいで消します。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

日本大百科全書(ニッポニカ)

灯明
とうみょう

神前や仏前に献じる灯火のこと。「みあかし」ともいう。経典中には、仏塔や仏像、あるいは経巻の前に灯(ひ)をともすことには大きな功徳(くどく)があるとして、これを賛嘆しており、『施灯功徳経』では、仏滅後に塔寺で灯を供養せば死して三十三天に生ずと説かれている。中国や日本で仏堂や仏壇にかならず灯明をあげるのは、こうした経説に基づくといえる。灯は燃料によって、古くは脂、膏(こう)、蘇(そ)、油、漆(うるし)、蝋(ろう)、明珠(めいしゅ)など7種(あるいは10種)あったとされる。現在はろうそくが多く用いられ、燭台(しょくだい)、灯台、灯籠(とうろう)などでともす。昼夜ともし続けるのを常夜灯、多くの灯をともして行う法会を万灯会(まんどうえ)または万灯供養という。また、貧者の一灯は長者の万灯に勝ることが経典に記されている。

[岡部和雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐みょう ‥ミャウ【灯明】
〘名〙
① 神仏に供える灯火。おおみあかし。みあかし。
※廬山寺文書‐天祿三年(972)五月三日・天台座主良源遺告「件庄地子上分、可充法華堂四季懺法間燈明料 夜別一燈」
※源平盛衰記(14C前)二六「香花・燈明(トウミャウ)を備へ、例時懺法行(おこなひ)て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐めい【灯明】
〘名〙 灯火。あかり。
※東京日日新聞‐明治一九年(1886)一一月一三日「右大島の東端に於ては燈明を認め得べきなりしが」 〔後漢書‐党錮伝賛〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐あかり【灯明】
〘名〙 灯火の明かり。ともしびの光。
※幸木(1948)〈半田良平〉昭和一六年「高原を夜半過ぐる汽車灯明(ホアカ)りを草におとしてほのぼの温(ぬく)し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灯明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

灯明の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation