@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

灯籠・灯楼【とうろう】

精選版 日本国語大辞典

とう‐ろう【灯籠・灯楼】
〘名〙
① 油、ろうそくなどの灯明をほや、かごなどで保護する具。主として屋外で、手に提げたり軒先につるしたり、また脚をそなえて庭先、道ばた、社殿や仏堂の前などに立てる。材料や形状などで、石灯籠、春日灯籠などいろいろの名がある。とうろ。《季・秋》
※延喜式(927)三六「燈楼六具 各加案」
※俳諧・蕪村句集(1784)秋「とうろうを三たびかかげぬ露ながら」
② 江戸新吉原の年中行事の一つ。また、そのとき飾られる玉菊灯籠。六月三〇日の夜から七月いっぱい、仲の町の茶屋ごとに美しく軒につるした。享保一一年(一七二六)三月に夭折した名妓、玉菊の追善に始まるという。
※談義本・根無草(1763‐69)前「中にも色里にては、いつを夜みせと時も知れねば、物日などといふ事もなく、花の時やら燈籠(トウロウ)やら」
③ 鳥「うぐいす(鶯)」の異名

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灯籠・灯楼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

灯籠・灯楼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation