@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

灰鉄輝石【かいてつきせき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

灰鉄輝石
かいてつきせき
hedenbergite

輝石の一種。ヘデンベルグ輝石ともいう。スカルン中によく産し、灰礬(かいばん)ざくろ石、緑簾(りょくれん)石などを伴う。分解しやすく、粘土鉱物の一種であるノントロン石に変化することも多い。そのほか、鉄に富む変成岩、花崗(かこう)岩、閃長(せんちょう)岩、各種火山岩などにも産する。普通、繊維状ないし長柱状結晶の集合をなす。自形結晶は単純な四角柱状のものが多い。透輝石およびヨハンセン輝石との間で化学組成が連続する。名称は、この鉱物を分析し記載したスウェーデンの化学者ヘデンベルグM. A. L. Hedenbergに由来。和名は化学組成による。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

灰鉄輝石
かいてつきせき
ヘデン輝石」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灰鉄輝石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

灰鉄輝石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation