@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

炭化水素【たんかすいそ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

炭化水素
たんかすいそ
hydrocarbon
炭素と水素とから成り立っている有機化合物。一般的に水に溶けず,有機溶媒に溶けるものが多い。炭素原子結合様式により,鎖式炭化水素と環式炭化水素に大別される。鎖式のものは脂肪族炭化水素といい,環式のものには,脂環式炭化水素とベンゼン環を骨格とする芳香族炭化水素がある。また炭素原子間の結合が単結合だけであるか多重結合を含むかにより,飽和炭化水素不飽和炭化水素に分けられる。天然ガス石油は多種類の炭化水素の混合物であり,工業的に合成される炭素化合物の原料として用いられる。天然ゴムはイソプレン分子が線状に結合した構造をもつ高分子炭化水素であり,ポリエチレンやポリプロピレンは合成高分子炭化水素である。植物精油中に含まれるテルペン類や植物中のカロテノイド類にも炭化水素であるものが存在する。たとえば動物油脂中のスクアレンは C30H50 の炭化水素である。炭化水素は,大気汚染が進行するにつれて,光化学スモッグの原因として,また発癌性物質として注目を集めるようになった。窒素酸化物との共存下で光化学スモッグを発生させる。発生源は自動車や航空機の排出ガス,石油類貯蔵タンク,塗料,有機溶剤の使用工場,石油精製工場などであるが,自動車の発生寄与率が約 50%と最も大きい。また,多環芳香族には,自動車排出ガス,たばこなどに含まれる3,4ベンツパイレン,1,2,5,6-ジベンゾアントラセンなどの強い発癌性のあるものがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんか‐すいそ〔タンクワ‐〕【炭化水素】
炭素水素だけからなる有機化合物総称配列が鎖状か環状かによって大別され、さらに鎖式炭化水素はメタン系・エチレン系・アセチレン系に、環式炭化水素は脂環式芳香族分類される。ハイドロカーボンHC(hydrocarbon)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

炭化水素
 炭素と水素だけからなる化合物.直鎖のもの,分枝のあるもの,環状の構造のものなどがある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんかすいそ【炭化水素 hydrocarbon】
炭素と水素だけからなる有機化合物の総称。一般式はCnHmであり,糖類の別名である炭水化物carbohydrate(一般式Cm(H2O)n)と混同してはならない。炭化水素は有機化合物の骨格であり,ほとんどの化合物は炭化水素の水素を他の原子もしくはで置換したものとみなすことができる。炭化水素は炭素骨格の形状に従って表のように分類されるが,分類のしかたは必ずしも一義的ではない。もとより,この分類はきわめて単純化したものであり,この分類に該当しない化合物も多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんかすいそ【炭化水素】
炭素と水素だけから成る化合物の総称。炭素原子どうしの結合の様式によって、アルカン(メタン系)・アルケン(エチレン系)などの鎖式炭化水素と環式炭化水素に分け、後者はさらに脂環式炭化水素と芳香族炭化水素とに分ける。また、炭素原子間に多重結合を含む不飽和炭化水素と含まない飽和炭化水素に分ける。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

炭化水素
たんかすいそ
hydrocarbon
炭素と水素のみからなる化合物の総称。炭素‐炭素結合により有機分子の骨格をつくり、有機化合物の母体になっている。骨格を構成する炭素原子の配列により、鎖式炭化水素と環式炭化水素に大別され、それぞれが飽和化合物、二重結合、三重結合をもつ不飽和化合物に分類される。環式炭化水素の特別なものとして芳香族炭化水素がある。に基本的化合物の例とともに分類を示す。[佐藤武雄・廣田 穰]

存在

石油や天然ガスの主成分として大量に産出する。植物界にもテルペン類をはじめ、各種の炭化水素類が存在する。ゴムノキから得られる生ゴムは、植物から産する高分子炭化水素の例である。[佐藤武雄・廣田 穰]

用途

各種燃料、溶媒として広く用いられる。石油原油からは改質処理により各種炭化水素が生産されている。天然ガスは都市ガスとして多量に用いられるようになってきている。生ゴム、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリスチレンなどは炭化水素ポリマーの例である。
 なお、大気中に気体として排出された炭化水素は大気汚染の汚染源となる。すなわち、汚染大気中では、炭化水素と窒素酸化物とから光化学反応によって、光化学スモッグが発生する。このため現在では大気汚染防止法、悪臭防止法によって排出規準が定められている。[佐藤武雄・廣田 穰]
『栗栖安彦著『炭化水素の化学 概論及び酸素酸化反応』(2001・アイピーシー)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんか‐すいそ タンクヮ‥【炭化水素】
〘名〙 有機化合物の母体をなす炭素と水素の化合物。炭素原子が互いに鎖状または環状に結合し、炭素骨格をつくり、各炭素原子の余った原子価に水素原子が結合しているもの。石油・石炭・天然ガス・天然ゴム・テルペン類などとして天然に多量に存在する。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「石炭を釜の内に密閉して之を蒸し焼きにすれば炭の気を発す。此気は炭化水素瓦斯と云ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

炭化水素
タンカスイソ
hydrocarbon

炭素と水素だけからなる有機化合物の総称.炭素骨格の構造によって鎖式炭化水素と環式炭化水素とに分類される.鎖式炭化水素には飽和炭化水素のメタン系(アルカン)と,不飽和炭化水素のエチレン系(アルケン),アセチレン系(アルキン)がある.環式のものには脂環式炭化水素,ベンゼノイド,および非ベンゼノイド芳香族炭化水素などが含まれる.炭化水素は,天然ガス,石油,天然ゴム,テルペン類などとして天然に広く存在する.石油はもっとも重要な炭化水素資源である.石油を熱分解すると不飽和炭化水素が,接触改質すると芳香族炭化水素がそれぞれ生成する.これらの炭化水素は,石油化学工業資源として多くの石油化学製品の原料となっている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭化水素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炭化水素の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation