@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

炭団【たどん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

炭団
たどん
木炭粉末を主原料とする固形燃料の一つ。木にのこ屑炭,コークス,無煙炭などの粉末を混合し,布海苔,角叉,デンプンなどを粘結剤として球形に固めて乾燥させてつくる。一定温度を一定時間保つことができるのが特徴で,火鉢こたつ燃料として愛用され,またとろ火で長時間煮炊きするのに重用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

た‐どん【炭団】
粉炭(こなずみ)にふのりを加えて練り、丸くして乾燥した燃料。 冬》「炭取にいつから残る―かな/乙字
俗に、相撲の星取り表で負けの黒星

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たどん【炭団】
木炭の粉末をデンプン,フノリ,ツノマタなどで球形に固め乾燥した加工炭燃料。たどんの起りは不明だが,中国では3世紀頃の史書に加工炭の記述がある。日本にも平安時代に動物(獣)形に固めた獣炭が使われたと史書にある。また鎌倉時代に禅文化が,木炭の新用途であるこたつ,たどん,あんかを伝えたようで,そのころよりたどんは庶民の燃料として使用され,いろいろのことわざや俳句などにも出てくる。たとえば〈たどんに目鼻〉というのは不美人で色黒で,目鼻だちがはっきりしない顔のたとえである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

た‐どん【炭団】
〘名〙
① 木炭粉や石炭粉を布海苔(ふのり)、角叉(つのまた)などで球状に固め、乾燥させた黒い燃料。火気が柔らかい。火鉢、こたつ、あんかなどの灰に埋めて使用する。たんどん。炭団法師。炭団玉。《季・冬》
※言継卿記‐弘治三年(1557)二月一七日「并香炉灰之焼様、同たどんの焼様等尋之、注置之、腫物入薬遣之」
※評判記・吉原讚嘲記時之大鞁(1667か)せきしゅ「此人をたどんといふは、いろの黒きゆへかといふ」
② (その色と形が①に似ているところから) すもうの星取表で負けの印。転じて、負けること。
※青鬼の褌を洗ふ女(1947)〈坂口安吾〉「けれどもダメ、つまり見事にタドンであった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん‐どん【炭団】
〘名〙 =たどん(炭団)
※四河入海(17C前)四「六月に炭団(タントン)をつくると云て、炭をくだいて粉にして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭団」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炭団の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation