@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

炭太祇【たんたいぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

炭太祇
たんたいぎ
[生]宝永6(1709).江戸
[没]明和8(1771).8.9. 京都
江戸時代中期の俳人。本姓不詳。別号,水語,宮商洞,三亭,不夜庵,徳母。法号,道源。水国,紀逸に師事,江戸座宗匠となった。宝暦初め京都に移り,仏門に帰依して大徳寺に住した。宝暦4 (1754) 年一転して島原遊郭の中に不夜を結んで住み,桔梗屋の主人呑獅 (どんし) をはじめ妓楼の主人や遊女俳諧を教えた。晩年与謝蕪村と特に親しく交わり句作に精進編著『都のつと』 (1752) ,『太祇句選』 (68) ,『太祇句選後編』 (77) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たん‐たいぎ【炭太祇】
[1709~1771]江戸中期の俳人。江戸の人。40歳を過ぎてから京都の大徳寺となり、のち島原遊郭に不夜庵を結び、与謝蕪村(よさぶそん)らと俳諧三昧(ざんまい)の生活を送る。句集「太祇句選」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

炭太祇 たん-たいぎ
1709-1771 江戸時代中期の俳人。
宝永6年生まれ。雲津水国(くもつ-すいごく),慶紀逸(けい-きいつ)にまなぶ。諸国行脚して京都大徳寺の真珠庵にはいった。のち杉呑獅(どんし)にさそわれ,島原郭内にすむ。与謝蕪村(よさ-ぶそん)ともまじわった。明和8年8月9日死去。63歳。江戸出身。別号に水語,不夜庵など。法号は道源。姓は「すみ」ともよむ。著作に「太祇句選」など。
【格言など】初恋や灯籠(とうろう)によする顔と顔(「太祇句選」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

炭太祇 すみの-たいぎ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たんたいぎ【炭太祇】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんたいぎ【炭太祇】
1709~1771 江戸中期の俳人。号、不夜庵など。法号、道源。江戸の生まれ。慶紀逸らに俳諧を学び、人事句に巧み。島原遊郭に住み、蕪村と親交があった。編著「鬼貫句選」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん‐たいぎ【炭太祇】
江戸中期の俳人。江戸の人。初号、水語。別号、不夜庵など。雲津水国、慶紀逸に師事。四〇歳を過ぎ上洛、仏門に帰依し道源と号したが間もなく転身し遊里島原に居を移した。晩年蕪村と親交があり、以後すぐれた作品を多く残している。句集に「太祇句選」がある。宝永六~明和八年(一七〇九‐七一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すみ‐たいぎ【炭太祇】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

炭太祇
たんたいぎ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭太祇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炭太祇の関連情報

関連キーワード

東山天皇徳川綱吉徳川家宣尚貞王徳川綱吉徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉東山天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation