@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

炭窯【すみがま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

炭窯
すみがま
charcoal kiln
をつくる。最も古い形は地上に掘った浅い穴の中で炭材を燃やし,灰砂でおおって炭化させる土被法 (岡焼とか平焼という) で,これが次第に築窯法に発展した。黒炭は小石混りのやや粘土質壌土でつくった土窯を用い,炭化後の消火風穴,煙出し穴を閉塞して窯内で行う。白炭は石と粘土から成る石窯でつくり,白熱した炭材を窯外に出して消粉でおおう。窯の様式は一般に窯底はいちじく形か卵形で,奥行約 3m,最大幅約 2.5m,高さ 2m,窯口 50~60cm。窯口で燃料を焚き,生木の炭材が乾燥して点火するに従って窯の開口部を小さくして炭化させる。炭材に対する製炭歩どまりは一般に白炭 10%,黒炭 15%ぐらいである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すみ‐がま【炭窯/炭×竈】
炭焼き窯(がま)」に同じ。 冬》「―に行く道なれば下りなる/虚子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すみがま【炭窯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

炭窯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炭窯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation