@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

炭素星【たんそせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

炭素星
たんそせい
carbon star
通常の星と比べると炭素組成比が明らかに大きい星。スペクトルはR型,N型。大多数は低温赤色巨星だが,高温のものも少数ではあるが発見されている。これは赤色巨星中心核が炭素を生成しやすい条件を備えていることを示し,化学元素起源にかかわり注目される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんそせい【炭素星 carbon star】
スペクトルに炭素C2,シアンCNなどの炭素化合物の吸収帯が著しく強い星をいい,温度がほぼ同じ範囲にあるM型星では酸化チタンTiO,酸化バナジウムVOなどの金属酸化物の吸収帯が強いことと対照的である。このようなスペクトルの違いは化学組成の違いによるものと考えられ,酸素が炭素よりも多いM型星では炭素はすべて安定な一酸化炭素CO分子の形成に使われてしまい,酸素のみが残され種々の酸化物を作るが,逆に炭素星では炭素が酸素より多いため炭素化合物だけができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

炭素星」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炭素星の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation