@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

炭素14法【たんそじゅうよんほう】

世界大百科事典 第2版

たんそじゅうよんほう【炭素14法 carbon 14 dating method】
放射性の炭素14 14Cの崩壊を利用して数万年までの年代を測る方法。上層大気中の窒素に宇宙線が当たると,14N(n,p)14Cの反応で14Cが生じる。できた14Cは速やかに大気中に広がる。植物は光合成により大気から炭素を取り込むので,生きている植物細胞の炭素同位体組成は大気中の組成に等しい。動物も食物連鎖で植物に結ばれるので同じ組成をもつ。生物が死ぬと14Cの補給はやみ,14Cは崩壊定数λ(1.209×10-4/年)で14Nにβ崩壊することにより減少する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

炭素14法
たんそじゅうよんほう

年代測定法の一つ。炭素の放射性同位体、炭素14(14C)が窒素14(14N)に壊変する性質を用いて、生物遺体の生成年代を測定する方法である。生きている生物は大気中や海水中の二酸化炭素(CO2)を取り込むため、体内の炭素14の割合は大気中や海水中の割合と等しく、一定の値をもつ。生物の死後、遺体中の炭素14の割合は放射壊変によって減少していくので、質量分析器などで現在の割合を計測することで、年代を求めることができる。半減期としては、5730±40年または5568±30年という値が用いられ、現在のところ測定可能な範囲は、遺体の生成時期が500年前から3万~4万年前の場合である。木片、木炭、腐植、泥炭、骨、貝殻などの年代を知ることができるので、地質学、地理学、人類学、考古学などの分野で広く用いられている。

[伊藤谷生・村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭素14法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炭素14法の関連情報

関連キーワード

放射性炭素による年代測定炭素リビー公儀・公義殿中監加速器年代測定法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation