@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

炭酸水素塩泉【タンサンスイソエンセン】

デジタル大辞泉

たんさんすいそえん‐せん【炭酸水素塩泉】
泉質の一。ナトリウムイオン・炭酸水素イオン主成分とする温泉。皮膚疾患・やけど・糖尿病などに効くほか、肌をなめらかにする効果があるとされる。ナトリウム泉。重曹(じゅうそう)炭酸水素ナトリウム)を含むことから重曹泉ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

炭酸水素塩泉
たんさんすいそえんせん

温鉱泉1キログラム中の溶存固形成分が1グラム以上で、炭酸水素イオンが主成分の温泉。以前は重曹泉(ナトリウムを含む場合)、重炭酸土類泉(カルシウムやマグネシウムを含む場合)とよばれていたが、1978年(昭和53)の鉱泉分析法の改定により炭酸水素塩泉となった。日本の温泉の4.8%程度を占める。含有成分によりナトリウム炭酸水素塩泉Na-HCO3泉、カルシウム(マグネシウム)炭酸水素塩泉Ca(Mg)-HCO3泉などに分類する。弱アルカリ性でリウマチ、婦人病、創傷などに有効で、胃酸過多には飲用は適であるが、腎臓(じんぞう)炎などには飲用不可である。山梨県の増富温泉(ますとみおんせん)、岩手県の夏油温泉(げとうおんせん)、新潟県の瀬波温泉、長野県の湯股温泉(ゆまたおんせん)と星野温泉、滋賀県の雄琴温泉(おごとおんせん)などが有名である。

[綿抜邦彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭酸水素塩泉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炭酸水素塩泉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation