@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【スミ】

デジタル大辞泉

すみ【炭】
木材を蒸し焼きにして作った黒色の燃料。焼くときの温度や使用する木材の違いにより多くの種類がある。木炭。「をおこす」 冬》「―の香のなみださそふや二の替/万太郎
木などが燃えて黒く残ったもの。「燃えてになる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん【炭】[漢字項目]
[音]タン(呉)(漢) [訓]すみ
学習漢字]3年
〈タン〉
すみ。「薪炭石炭塗炭氷炭木炭
石炭のこと。「炭坑炭鉱炭塵(たんじん)炭田褐炭黒炭採炭選炭泥炭粉炭無煙炭
炭素のこと。「炭化炭酸
〈すみ(ずみ)〉「炭火堅炭白炭
[難読]炭櫃(すびつ)炭団(たどん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すみ【炭 charcoal】
木材の熱分解後の固体残渣(ざんさ)のことで木炭ともいう。炭を主目的として木材を炭化することを製炭といい,炭焼きともいう。木炭は炭窯で造られた黒炭,白炭のほかに,乾留でできた乾留炭があり,木材の不完全燃焼でできた残渣の消炭も木炭である。木炭は黒鉛,石炭,コークス類と同じ無定形炭素一種である。
[歴史]
 中国大陸では,約3000年前に青銅器文化が栄え,これに必要な木炭を焼いていたことが推定される。2100年前の前漢前期に作られた長沙の馬王堆の墳墓木槨(もつかく)の外周に約50cmの木炭層が作られていて,その重量は5tであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

すみ【炭】
〘名〙
① 木などが焼けて黒く残ったもの。けしずみ。
※伊勢物語(10C前)六九「その杯の皿に、続松(ついまつ)のすみして、歌の末をかきつぐ」
② 薪炭を蒸し焼きにして燃料または貯火用に供する黒塊。木炭。原料の種類と製造工程、および熱量・耐久時の差によって消炭・荒炭(あらすみ)(=鍛冶炭)、白炭・黒炭に大別される。《季・冬》
※正倉院文書‐天平宝字六年(762)三月一日・造東大寺司告朔解「自福智山炭九百廿八斛
③ 石炭をいう。
④ 紋所の名。すみのきりくち、三盛(みつもり)すみのきりくちなどがある。
⑤ 茶の湯で、炉や風炉に炭を継ぐこと。また、その作法。炭手前。炭点前。
※宗湛日記‐天正一五年(1587)三月一〇日「はい入てより一すみあり。咄有て薄茶一ぷくづつめされうかと被仰て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん【炭】
〘名〙
① すみ。木炭。《季・冬》 〔史記‐刺客伝〕
② 石炭。
※ガトフ・フセグダア(1928)〈岩藤雪夫〉一「此の船足で、八哩と出やしない、炭(タン)を無駄にするだけだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


すみ

木炭

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation