@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

点を掛ける【てんをかける】

精選版 日本国語大辞典

てん【点】 を 掛(か)ける
① 和歌・俳諧などに、批点(ひてん)をつける。よいできばえの作品に、しるしをつけて批評する。また、広く批評する。〔文明本節用集(室町中)〕
※浮世草子・万の文反古(1696)一「無用と存候分に点(テン)かけ申候」
② 記号をつける。斜線を引いたり、しるしをつけたりする。
※上杉家文書‐(年月日未詳)(江戸前)上杉定勝自筆名乗書立「右之内可然候を、点を懸可給候」
③ 賭博(とばく)で、勝負を始める際に、その場に保証として銭を出す。
※博奕仕方風聞書(1839頃か)「打始め候時、点をかけると申事御座候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

点を掛ける」の用語解説はコトバンクが提供しています。

点を掛けるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation