@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

点対称【てんたいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

点対称
てんたいしょう
point symmetry
空間の1点Oがある。Oを通る線分上の2点P,QがOを中心として対応する位置にあるとき,この2点は点Oに対して点対称であるという。また,1つの図形が,Oに関する2直角の回転移動によって自分自身に重ね合せられるとき,この図形は点Oに対して点対称であるという。言い換えれば,点対称は線対称を2回繰返して実現できる。 (→対称 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

てん‐たいしょう【点対称】
定点に関して、ある二点が相互間をその定点によって二等分される位置関係にあること。図形では、一つの点を中心にしてある図形が180度回転したとき完全に重なり合うこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんたいしょう【点対称】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

てん‐たいしょう【点対称】
〘名〙 二つの図形の間の関係の一つ。一方の図形Aの各点と定点Oとを結ぶ線分をその長さだけ延長して得られる線分の端点全体の集合が、他方の図形Bと一致するとき、それら二つの集合A、Bは点Oに関して点対称であるという。また、図形Aの任意の点が定点Oに関してその図形A中に点対称な点をもつとき、Aは点対称な図形と呼ばれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

点対称」の用語解説はコトバンクが提供しています。

点対称の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation