@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

点灯夫【てんとうふ】

精選版 日本国語大辞典

てんとう‐ふ【点灯夫】
〘名〙 明治時代から昭和初期にかけて、街灯・軒灯がガス灯や石油ランプであった頃、それに点火してまわることを仕事とした人。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉二三「夕暮の町の慌忙(いそがはし)げな間を、点燈夫(テントウフ)は縦横に駈け廻ってゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

点灯夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

点灯夫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation