@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

烏桓【うがん】

世界大百科事典 第2版

うがん【烏桓 Wū huán】
前2~後3世紀初,内モンゴルのラオハ川流域を中心に活動した遊牧民族。烏丸とも記され,前206年ころ匈奴冒頓単于(ぼくとつぜんう)に滅ぼされた東胡の一派。族名については,蒙古語ukhaghan(),unagan(奴隷)などとする説がある。前漢時代は小部落にわかれ匈奴に属した。鬼神,天地,山川,日月を祭り,シャマニズムを信奉し,頭髪をそりおとす風習があった。後漢時代に中国寄りに移動してその北辺防衛部隊となり,後漢末の混乱期に大同団結し袁紹に通じたが,207年(建安12)曹操に撃破され四散した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

烏桓
うがん
烏丸」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

烏桓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

烏桓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation