@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

烏瓜【カラスウリ】

デジタル大辞泉

からす‐うり【××瓜】
ウリ科の蔓性(つるせい)の多年草。山野に生え、巻きひげで他に絡みつく。葉は手のひら状に浅く裂ける。雌雄異株。夏の夕方、花びらの縁が糸状に裂けた白い花をつけ、実は楕円形で赤く熟す。塊根からとるでんぷんは天瓜粉(てんかふん)の代用。たまずさ。 秋》「紅(くれなゐ)もかくては淋し―/蓼太

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

烏瓜 (カラスウリ)
学名:Trichosanthes cucumeroides
植物。ウリ科のつる性多年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

からす‐うり【烏瓜】
〘名〙
① ウリ科のつる性多年草。本州以南の各地、沖縄、台湾、中国に分布し山麓などに生える。根は塊状に肥厚する。茎は長さ三~五メートル、巻きひげで他物にからみ、葉は長さ約一五センチメートルの卵形で掌状に浅く三~五裂する。茎、葉ともに白色のあらい毛がある。雌雄異株。夏の夕方、葉腋(ようえき)に花冠の五裂した白色花を開く。裂片の縁は細かくきれて糸状に垂れる。果実は長さ五~七センチメートルの楕円形で秋に赤く熟す。種子は黒褐色。塊根はキカラスウリの代用として天瓜粉の材料。漢方では根を土瓜根(どかこん)、瓜呂根(かろこん)といい、通経・利尿・排膿(はいのう)剤に、種子は土瓜仁といい、袪痰(きょたん)・鎮咳・鎮痛剤にする。たまずさ。むすびじょう。ぐどうじん。きつねのまくら。《季・秋》
▼からすうりの花《季・夏》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 植物「きからすうり(黄烏瓜)」の古名。
※本草和名(918頃)「栝楼 一名地楼〈略〉一名苦楼 和名加良須宇利」
※東雅(1717)一四「栝楼カラスウリ 倭名鈔に兼名苑註を引て、栝楼一名、カラスウリといふと註せり、毛詩爾雅本草等の注に依るに、栝楼は天瓜也、は爾雅の姑、一名王瓜也、即是二物也、〈略〉天瓜王瓜同じく是れ蔓生にして、其葉も又相似たれば、我国の俗共に呼でカラスウリと云ひしと見えたり」
③ (①の根を月経、こしけの薬とするところから) 月経の異称。月のもの。
※雑俳・口よせ草(1736)「からす瓜まだかれぬから御そく才」
④ (①の種子を玉章(たまずさ)というところから) ふみ。手紙。また、恋文(こいぶみ)。艷書(えんしょ)
※雑俳・好文木(1716‐36)「闇に鳴く妹が袂の玉章(カラスウリ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

烏瓜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

烏瓜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation