@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

烏賊の骨【いかのほね】

日本大百科全書(ニッポニカ)

烏賊の骨
いかのほね
Ossi di seppia
イタリアのノーベル賞詩人E・モンターレの処女詩集。1925年に、反ファシズムの思想家P・ゴベッティが出版した。20世紀イタリア詩の主流エルメティズモの最高傑作の一つ。詩人の生まれ故郷ジェノバと、別荘のあったリグリア西海岸の景勝の地モンテロッソの風土を中心に、徹底した無の感覚を基盤にして、苦い精神の世界を歌った。とくに、連作『地中海』は、海に落ち込む崖(がけ)、潮風に身をよじる老松、鋭い叫び声を残して飛び去る鳥などを題材に選び、重く深い韻律のうちに美を封じ込めて、規模の雄大な詩的世界を展開する。そして詩の行間に、透き通った烏賊の骨にも似て、青白い虚無の影が浮かび上がってくる。[河島英昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いかのほね【烏賊の骨】
原題、〈イタリア〉Ossi di seppia》イタリアのエルメティズモの代表的詩人、モンターレの処女詩集。1925刊。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

烏賊の骨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

烏賊の骨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation