@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

烏骨鶏【ウコッケイ】

デジタル大辞泉

うこっ‐けい【×烏骨鶏】
鶏の一品種。小形で、絹糸のような羽毛で覆われ、羽色は白と黒があるが、皮膚・肉・は黒紫色。東アジアの原産天然記念物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

烏骨鶏(うこっけい)
鶏の品種のひとつ。東南アジア原産で、江戸時代に中経由で日本に入ってきたが定着したもの。国の天然記念物で日本農林規格の指定在来種。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うこっけい【烏骨鶏】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

烏骨鶏 (ウコッケイ)
学名:Gallus gallus var.domesticus
動物。キジ科のニワトリの一品種

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うこっ‐けい【烏骨鶏】
〘名〙 ニワトリの一品種。東アジア原産。多くは白色で、レグホンより小さい。毛冠があり、あしは羽毛でおおわれる。皮膚から骨までカラスに似た黒紫色なのでこの名がある。愛玩用。日本では古くから飼われた。天然記念物。おこっけい。
※和爾雅(1688)六「烏骨鶏(ウコツケイ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おこ‐けい ヲコ‥【烏骨鶏】
〘名〙 鳥「うこっけい(烏骨鶏)」の異名。〔大和本草批正(1810頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おこっ‐けい ヲコッ‥【烏骨鶏】
〘名〙 鳥「うこっけい(烏骨鶏)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

烏骨鶏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

烏骨鶏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation