@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

焚捨【たきすて】

精選版 日本国語大辞典

たき‐すて【焚捨】
〘名〙
① 燃やしてそのままにしておくこと。焼き捨てること。また、そのもの。
※浮世草子・好色一代女(1686)一「いつたきすてのすがりまでも聞き伝へし初音これなるべし」
② 劇場で、興行中、舞台で使う鼻紙、煙硝、たどん、タバコなど、一日で消耗するものの費用。また転じて、舞台で消耗する小道具の称。消え物。〔劇場新話(1804‐09頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たき‐す・てる【焚捨】
〘他タ下一〙 たきす・つ 〘他タ下二〙
① 焼き捨てる。無用のものとして燃やして灰にしてしまう。燃やして処分する。
※後撰(951‐953頃)夏・二一三「夏虫の身をたきすてて魂しあらばわれとまねばむ人めもる身ぞ〈よみ人しらず〉」
② 焚いたまま焚きつがないで、そのままにしておく。燃やしたままでほうっておく。
※新勅撰(1235)雑四・一三一六「心あるあまのもしほ木たきすてて月にぞあかすまつがうらしま〈祝部成茂〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焚捨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

焚捨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation