@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

無地【ムジ】

デジタル大辞泉

む‐じ〔‐ヂ〕【無地】
全体が同じ色で模様のないこと。「無地のカーテン」「色無地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

無地
の飼育用語のひとつ。斑紋のない地肌のこと。また(光ものを除く)単色の鯉をさす。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

むじ【無地】
全体が一色で模様がないこと。多く布地にいう。 -の着物

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

む‐じ ‥ヂ【無地】
[1] 〘名〙
① 土地がないこと。土地を持たないこと。
※市島謙吉氏所蔵文書‐承平二年(932)九月二二日・丹波国牒「件郷本自無地、百姓口分班給在地郷々」
② (形動) 全体が同じ色で模様がないこと。また、そのものやそのさま。無紋。⇔柄物
※日葡辞書(1603‐04)「Mugi(ムヂ)。または、mugina(ムヂナ)。ヂ ナシ〈訳〉浮彫りも刳形(くりがた)の装飾も施していない金属、金など」
③ (「色模様がない」を芸だけで情事がないの意にかけて) 芸者をいう。
※洒落本・三都仮名話(1781)「無字と言名は名乗れども元来白地は壱人もなし」
④ (酒飲みの下地(したじ)がないの意。一説に「むじ(無地)(二)」の意で「むじ飲めぬ」の略とも) 酒が飲めないこと。また、その人。下戸(げこ)
※洒落本・道中粋語録(1779‐80頃)「旦那ア無地(ムヂ)だが、わっちゃア呑やす」
[2] 〘副〙 (打消表現を伴って用いる) まったく。一向に。
※雑俳・桜の実(1767)一四「鳴く声はぬゑ本名はむじ知れず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation