@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

無性生殖【むせいせいしょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

無性生殖
むせいせいしょく
asexual reproduction
配偶子の接合によらない生殖の総称。このうち遊走子 (例:アオサ,シオミドロ,ミズカビ) ,胞子 (例:ケカビ) ,分生子 (例:アオカビ,コウジカビ) などいわゆる胞子を形成するものと,体の一部が切れて独立した個体になるいわゆる栄養生殖とがある。前者の例では,細菌類の二分裂による繁殖や,酵母菌類による増殖も無生殖である。後者には高等植物の珠芽 (例:ヤマノイモ,オニユリ) ,コケ類の杯状体 (例:ゼニゴケ) のような無性芽を生じるもの,挿木,取木の生殖,地下茎の生殖 (例:サトイモ) をはじめとして糸状菌類にみられる厚膜胞子 (例:ケカビ,ミズカビ) や地衣類裂芽 (例:カブトゴケ) などがある。またクラゲ類の出芽,カイメン類の芽球なども無性生殖である。なお菌類におけるマツタケなどの担子胞子とチャワンタケなどの子嚢胞子は配偶子はみられないが,体細胞接合のうえ,有性的な核融合の完結に伴って生じるものであるから,単純に無性生殖と考えることは無理である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むせい‐せいしょく【無性生殖】
性と関係のない生殖の様式分裂出芽胞子形成・栄養生殖など。⇔有性生殖

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むせいせいしょく【無性生殖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むせいせいしょく【無性生殖】
配偶子によらない生殖様式。分裂・出芽・胞子形成による生殖など。単細胞生物に普通にみられるが、高等植物の栄養生殖もこの一種。 ⇔ 有性生殖

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むせい‐せいしょく【無性生殖】
〘名〙 有性生殖によらない生殖によって新個体を生む生殖。体の一部の分裂、出芽、地下茎やむかごなどの器官または器官の一部が分離して新個体となるものをはじめ、単独で発育し得る無性胞子や卵細胞などを生じて新しい個体を作るものもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

無性生殖
むせいせいしょく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無性生殖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無性生殖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation