@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

無期【ムゴ】

デジタル大辞泉

む‐ご【無期】
[名・形動ナリ]
いつ終わるかわからないこと。また、そのさま。
「此度(こたみ)の相撲(すまひ)の勝ち負けの定まらむこと、いと―なり」〈宇津保・内侍督〉
長い時間にわたっていること。長期間であること。また、そのさま。
「馬は留りて草食へば、それに随ひて―に立てり」〈今昔・一九・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

む‐き【無期】
一定の期限がないこと。⇔有期
無期懲役」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

む‐き【無期】
〘名〙
① 期限の定まらないこと。また、期限のないこと。むご。〔仏和法律字彙(1886)〕 〔詩経‐小雅・南山有台〕
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉六「重井(おもゐ)葉石等の重だちたる人々は、有期流刑とか無期とかの重罪なりければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

む‐ご【無期】
〘名〙 (形動) (「ご」は「期」の呉音)
① その時が、いつまでも来そうもないこと。事柄がいつ終わるかわからないこと。際限のないこと。また、そのさま。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「相撲(すまひ)の勝負のさだまらむこと、いとむごなり」
② 期限がわからないほどに長いこと。長い時間・長い期間にわたっていること。また、その期間やそのさま。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「いと恋しきに、見でやむごにあらん」
※宇治拾遺(1221頃)一「すべなくて、むごののちに、えい、といらへたりければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無期」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無期の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation