@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

無機繊維【むきせんい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

無機繊維
むきせんい
inorganic fibre
化学繊維一種無機物を人工的に繊維としたもの。ガラス繊維岩石繊維,スラッグ繊維,金属繊維 (鉄合金,ニッケル・クロム合金,タングステン合金銅合金) などがある。概して耐熱性がよく,防熱,防音などの用途に広く利用されている。近時は複合素材の強化・補強用として用いられ,炭素繊維アルミナ繊維セラミック繊維,シリカ繊維などがつくられており,これらは可撓性があり,耐熱性,耐食性のほか力学特性にもすぐれているため,広範な産業分野での利用が期待される。なお,天然繊維の石綿鉱物繊維と称して特に区別する場合がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

無機繊維
ムキセンイ
inorganic fiber

繊維状の無機物質.天然には石綿(アスベスト)がある.呼吸を通して人体に吸収されると肺がんを誘発するため,大きな社会問題になっている.また,アルミナ繊維,炭素繊維ガラス繊維などが人工的につくられ,利用されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無機繊維」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無機繊維の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation